自ら事業をしながら受講を検討されている方へ

多忙でも継続して学べるのはベースがオンデマンドだからこそ

事業を興し、成長させるために。
経営に不可欠な「問題解決力」と「人的ネットワーク」を得る。

“正解”がない時代に、速やかに“最適解”を導き出す「問題解決力」を鍛える。
経営判断をするためには不可欠な能力。

グローバル化がさらに進む今、ますます必要性が高まるビジネスの海外展開。そのために必要な力を手にするために、学ばなくてはならないと感じるビジネスパーソンは、会社内でのポジションを問わず増えてきています。そして、それは会社の大小や組織としての形態を問わず、自ら事業をされている方の中でも同様です。起業される方・されたばかりの方、個人事業主の方、企業の経営者の方など、Bond-BBT MBAプログラムでも自ら事業をされている方々が多く学ばれています。

では、世界と渡り合っていくために日本のビジネスパーソンに必要な学びとは何なのでしょうか?私どもは、それは「日本のビジネスパーソンとしての特性を踏まえてどのように世界と渡り合っていくか」という視点を取り入れた学びだと考えています。それを実現するために、本プログラムでは以下の取り組みをしています。


特色1日本のビジネスパーソンが世界と渡り合うための力を鍛えるカリキュラム

財務・会計、経済、リーダーシップなどの「世界の共通言語として知っておくべき分野」は英語で、経営戦略、マーケティング、組織人事など「日本のビジネスパーソンの特性を踏まえた上で学んだ方がより実践的な力が身に付く分野」は日本語で学びます。このような切り口でカリキュラムを設計しているのは、現時点では本プログラムのみです。


特色2“最適解”を導き出す「問題解決力」を鍛える特色ある学習方法

Bond-BBT MBAでは、各種専門知識や考え方を学ぶことができるカリキュラムに加え、日本のビジネスパーソンが世界と渡り合っていくために必要な力を鍛え上げるための学習方法がございます。オンライン(講義受講、ディスカッション等)とオフライン(スタディツアー等)の良さをそれぞれ活かし、効率的・効果的な学びを実現することができる点が本プログラムの特徴。そしてトレーニングを通して、「個としての実力(経営に関する体系的な知識、論理思考力、ビジネス英語力など)」はもちろん、さらに実際のプロジェクトを想定したグループワークにほぼすべての科目を通して取り組むことで、「チームで結果を出すために必要な力(チームワーク、リーダーシップ、プロジェクトマネジメント力、ダイバーシティマネジメント能力など)」「新規事業立案力」を鍛えることができます。

本プログラムでは、このようないわば「総合力」を鍛え上げていくことが、“正解”がない時代に直面する課題に“最適解”を導き出し続ける「問題解決力」につながっていくのではないかと考えています。自ら事業を行う方にとって、必要不可欠な力ではないでしょうか。


変化のスピードが速い現代、新たな収益源となる事業を生み出し続ける必要がある。

環境の変化が速い現在のビジネス環境において、これまで収益を上げていた事業が収益を上げにくくなってしまうということは十分に起こり得ますし、すでに起きています。
伸びている事業をさらに伸ばすこと、収益が落ち込んだ事業を復活させることはもちろん大切です。ただ、それらに加えて企業がさらに成長をし続けていくためには、新たな収益源となる事業を生み出し続ける力が必要であると言えます。

本プログラムでは、プログラムの最後の1年間をかけてビジネスプランニングに取り組みます。内容は実践さながら。ベンチャーキャピタルから出資を得られるレベルのアイデアを考え抜き、実際に収益をあげていくためにどのようにして取り組むのか、事業計画をブラッシュアップ。最後には、ゴールドコーストにあるボンド大学で審査員を目の前にプレゼンテーションを行い、審査員や他の受講生との質疑応答・熱いディスカッションを展開します。

学んできた知識・考え方、鍛えてきたスキルを存分に活かして、審査員をうならせるようなビジネスプランを考えてください。実際に練り上げたビジネスプランをもとに起業をした修了生の方々もいらっしゃいます。

実際にビジネスプランニングに取り組むことができるビジネススクールは国内で受講可能なプログラムの中でもごくわずか。また、現時点ではそれに英語で取り組むことができるのはさらに一握りに限られます。

今後は海外の投資家から資金を集める必要性、海外でパートナーを開拓していく必要性が高まってくると考えられます。それを見据えると、ビジネスプランニングやそのプレゼンテーション等が英語でできるようになっておく力が求められてくるでしょう。せっかく学びを通して実践力を鍛えていくのでしたら、そういったことも視野に入れておきたいものです。

また、事業を成長させていくにあたり、心強い相談相手やパートナーも不可欠な存在。Bond-BBT MBAは受講生・修了生のネットワークが1,200名を超える日本最大級のネットワークをもつプログラム。そのネットワークは国内外問わず幅広く拡がり、様々なバックグラウンドや専門性をお持ちの方がいらっしゃいます。苦労をともにして学んだ受講生・修了生のつながりが、きっと皆様のビジネスを加速させるでしょう。


自身で事業をしながら学ぶことはかなりハードなことだと思います。そのような中、どのようにして受講生の方々は学びに取り組んでいるのでしょうか?より具体的なイメージをお持ちいただくために、実際の受講生の方のある1週間をご紹介します。

ある1週間の勉強時間

合計
5h 2h 4h 5h 2h 7h 8h 33h
平日のスケジュール
休日のスケジュール
凡例

高橋 昭智さん

2014年入学

高橋 昭智さん

業種

その他サービス

職種

ビジネス英語講師

年代

40代

この週はどのような週でしたか?

私は現在、独立してビジネス英語講師をしています。普段はクライアント先での講義に加え、自宅やカフェなどでの就業が一日の大半を占めていますね。基本的には朝夕関係なく仕事をしているような状況ですが、仕事が好きなので苦にはなりません。週に2~3回は友人やMBA仲間などと飲みに出かけます。睡眠は極力6時間取り、なるべく12時前には床につくことが目標です。土日は税務関連や経理処理などを片付けました。

学習時間を確保するために工夫していることは何ですか?

スキマ時間の活用は欠かせません。ランチはAirCampusでの講義受講かレポートを書きながら、朝は教科書の読み込みやエッセイの執筆、夜は仲間とのやり取りに充て、映像講義は料理をしながら観ることもあります。学んだ内容は、自分の仕事のクライアントである生徒の方々への指導でもそのまま活かせます。科目のエッセンスをシンプルにまとめ、レッスン中に伝えることで自分の頭の整理にもなり、一石二鳥です。

時間確保で特に大変だったことは?それをどうクリアしましたか?

飲みのお誘いを断るのが苦手なので(というよりも、自分が飲みたいだけなのですが(笑))、誘われるがままに出かけていた時は後でしっぺ返しを食らいました。その経験から、いつ誘われてもいいように常に先手先手を打ち学習計画を立てるようになりました。その結果、エッセイやグループワークなど時間のかかるタスクは余裕を持って着手する習慣がついたように思います。

息抜きやご家族との団らんなど、プライベートの時間はどうされていましたか?

ランチをしながら前職の後輩の起業相談に乗ったり、最近引越をしたのでキッチン用品の買い出しに行ったりしました。また、日曜は友人宅のホームパーティにも行ってきました。自宅にいる時は録画しておいたニュースなどの番組を観たり、読書やDVD鑑賞をしています。

グループワークはどのように進めていますか?

全員が集合できることは稀なので、話し合いはSkype、あとはメールやAirCampusなどを利用します。Skype会議は平日夜22時頃や週末がメインです。Google Drive上では複数の人によるファイルの同時編集が可能なので、いつも活用しています。メンバーにもよりますが、リーダーは決めず全員並列参加型です。

  • 水田 昌紀さん

まずは必要なスキルのみを選んで学び始める

将来的なMBA取得を目指して、最初から本科コースやGCMコースではなく、まずは自分に必要な分野を中心に自由に学びたいという方を対象にしたコースです。3単位の枠の中から、ご自身が取得したい科目を選んで受講することが可能です(英語科目を受講される場合は、英語スコアが規定の基準を超えている必要があります)。
※コース終了後、GCMコースのようにCertificateが認定されるということはございません。ご留意ください

MBA Challengeのメリット

1,MBAの授業を実体験してから、MBAコース入学の検討ができる

本科生と全く同じ環境で受講していただきます。グループワークやセミナー、勉強会など積極的にご参加いただき、受講を通じて、本科コースへの入学を準備を進めて下さい。

2,MBA Challengeで取得した単位は、そのままMBAコースに単位移行が可能

MBA Challengeで修了した科目は全て本科コースにて単位が認められます。当然受講料も学費総額から減免されますので、時間も受講料も無駄になりません。

更に詳しい情報を知りたい方はこちら

  • 説明会に参加する
  • 資料請求する

経営と学びの両立をどうすべきか、疑問に思われていることはございませんか?こちらでは、自ら事業に取り組まれている受講生・修了生の1週間の学習スケジュールや体験談などのMODEL CASEをご紹介しております。ご検討の参考にされてください。

トップへ