キャリアアップ・キャリアチェンジを目指して受講を検討されている方へ

必要なのは多様な人材との切磋琢磨

閉塞感を打ち破り、現状突破。
自分が求めるものを手にするために必要な実践力を鍛える。

自分の求める仕事を得るために、必要不可欠な「稼ぐ力」を身につける。

グローバル化がさらに進む現在、ますます必要性が高まるビジネスの海外展開。どちらの企業も、そのような力をもったビジネスパーソンを心から欲しています。ただ、そのようなことができる人材はまだごく一握り。人材市場で大きな価値をもっているといえます。そのような力を得て自身が求めるキャリアを歩む(転職、昇進・昇格、希望部署への異動など)ために、MBAなどでの学びの必要性を感じるビジネスパーソンも増えてきているのではないでしょうか。

では、世界と渡り合っていくために日本のビジネスパーソンに必要な学びとは何なのでしょうか?それは「日本のビジネスパーソンとしての特性を踏まえてどのように世界と渡り合っていくか」という視点を取り入れた学びだと、私どもは考えています。それを実現するために、本プログラムでは以下の取り組みをしています。


特色1日本のビジネスパーソンが世界と渡り合うための力を鍛えるカリキュラム

Bond-BBT MBAは「日本のビジネスパーソンが世界と渡り合っていくために必要な力を鍛え上げていく」ためのMBAプログラムです。
そのために、財務・会計、経済、リーダーシップなどの「世界の共通言語として知っておくべき分野」は英語で、経営戦略、マーケティング、組織人事など「日本のビジネスパーソンの特性を踏まえた上で学んだ方がより実践的な力が身に付く分野」は日本語で学びます。このような切り口でカリキュラムを設計しているのは、現時点では本プログラムのみです。


特色2世界で活躍するために必要な「問題解決力」を鍛える特色ある学習方法

Bond-BBT MBAでは、各種専門知識や考え方を学ぶことができるカリキュラムに加え、日本のビジネスパーソンが世界と渡り合っていくために必要な力を鍛え上げるための学習方法(トレーニング)がございます。
そしてトレーニングを通して、「個としての実力(経営に関する体系的な知識、論理思考力、ビジネス英語力など)」はもちろん、さらに実際のプロジェクトを想定したグループワークにほぼすべての科目を通して取り組むことで、「チームで結果を出すために必要な力(チームワーク、リーダーシップ、プロジェクトマネジメント力、ダイバーシティマネジメント能力など)」「新規事業立案力」を鍛えることができます。

このようないわば「総合力」を鍛え上げていくことが、海外で結果を出すために必要な問題を解決する力につながっていくのではないかと考えています。


新たな収益源となる事業を創り上げる力も、これからのビジネスパーソンにとって不可欠になる。

「新規事業立案力」と聞くと、「自分は起業しないから関係がない」と感じられる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、環境の変化が速い現在のビジネス環境において、これまで収益を上げていた事業が収益を上げにくくなってしまうということは十分に起こり得ますし、すでに起きています。

伸びている事業をさらに伸ばすこと、収益が落ち込んだ事業を復活させることはもちろん大切です。ただ、それらに加えて企業がさらに成長をし続けていくためには、新たな収益源となる事業を生み出し続ける力が必要となります。そのような中、今後ビジネスを担う人材には「新規事業を生み出す力」が不可欠になってくるのは想像に難くないでしょう。

場合によっては、自身がリーダーとなって新たな事業を創り上げていく旗振りをすることになるかもしれません、または、そのようなリーダーを支えるスタッフとしてともに事業を創り上げていくといった関わり方をする人もいるのではないでしょうか。

Bond-BBT MBAプログラムでは、プログラムの最後の1年間をかけてビジネスプランニングに取り組みます。内容は実践さながら。ベンチャーキャピタルから出資を得られるレベルのアイデアを考え抜き、実際に収益をあげていくためにどのようにして取り組むのか、事業計画をブラッシュアップ。最後には、ゴールドコーストにあるボンド大学で審査員を目の前にプレゼンテーションを行い、審査員や他の受講生との質疑応答・熱いディスカッションを展開します。

学んできた知識・考え方、鍛えてきたスキルを存分に活かして、審査員をうならせるようなビジネスプランを考えてください。実際に練り上げたビジネスプランをもとに起業をした修了生の方々もいらっしゃいます。

実際にビジネスプランニングに取り組むことができるMBA取得可能なビジネススクールは国内で受講可能なプログラムの中でもごくわずか。また、現時点ではそれに英語で取り組むことができるのはさらに一握りに限られます。

今後は海外の投資家から資金を集める必要性、海外でパートナーを開拓していく必要性が高まってくると考えられます。それを見据えると、英語でビジネスプランニングやそのプレゼンテーション等ができるようになっておく力が求められてくるでしょう。せっかく学びを通して実践力を鍛えていくのでしたら、そういったことも視野に入れておきたいものです。

もし直近でそのような機会がなくても、ビジネスプランニングを通して鍛え上げた「総合力」や「顧客に価値を生み出す力」はビジネス全般で活きてきます。海外展開など新規市場の開拓など、ご自身の活躍のフィールドは広がっていくのではないでしょうか。Bond-BBT MBAでの学びを武器に、ご自身のキャリアアップ・キャリアチェンジを目指されてください。


キャリアアップ、キャリアチェンジのためには仕事で成果を上げ続けることが不可欠。そのために多忙な日々を過ごす中で、どのようにして受講生の方々は学びに取り組んでいるのでしょうか?より具体的なイメージをお持ちいただくために、実際の受講生の方のある1週間をご紹介します。

ある1週間の勉強時間

合計
3h 2h 2h 1.5h 4.5h 8h 8.5h 29.5h
平日のスケジュール
休日のスケジュール
凡例

Y.S.さん

2010年入学

Y.S.さん

業種

化学・医薬

職種

商品開発・製品開発

年代

30代

この週はどのような週でしたか?

ボンド在学中を通じてですが、仕事を終えるのが常に夜の9:30~10:30頃でした。通常は仕事を終えた後にすぐに自宅に戻らず近所の喫茶店で勉強。帰宅して風呂に入るなどしてから、寝る前にまた少し勉強をするのが平日のスタイルです。そのぶん朝は遅く起きて仕事の開始は9:30~10:00でした。週に1回は米国本社との電話会議が入っていましたので、その日は朝8時から業務を開始していました。

学習時間を確保するために工夫していることは何ですか?

昼休みを使って勉強したことです。昼は講義を視聴したりAirCampusに書き込みをしたりと、短い時間でも比較的取り組みやすい内容にしていました。iPadには常に講義の録画を入れておくこと、教科書もiPadでいつでも読める状態にしておきました。またネット環境やskypeなどのアプリが常に使える状態にしておくことで、いつでも勉強をできる環境にしておく工夫をしました。
仕事が終わってから自宅に帰るとだらけてしまいそうだったので、喫茶店をよく活用しました。マンネリ化を防くためにも、複数の勉強場所を確保しておくことを心がけました。

時間確保で特に大変だったことは?それをどうクリアしましたか?

退社時間が遅いのが最大の障害でした。これは逆に時間を決めて「夜10時以降は必ず仕事をしない」というルールを作ることで対応しました。夜にも海外と電話での打ち合わせが頻繁にあったのですが、これらのやりとりは自宅や喫茶店で勉強の合間に入れることによって、勉強時間を確保するよう心がけました。

息抜きやご家族との団らんなど、プライベートの時間はどうされていましたか?

週に1回は仕事帰りにぶらりと飲みに行ったりしてました。また休息のため、土日の午前中はゆっくり寝ました。土日のどちらかは夕食を家族全員でとるように心がけていました。スケジュールを見てわかるとおり、睡眠時間を極端に削ったりはしませんでした。

グループワークはどのように進めていますか?

地方に住んでいたこともあり、グループワークはすべて海外を含む遠方のメンバーで取り組みました。通常は土曜日か日曜日の夜にskypeを使ってグループワークに参加していました。メンバーがお互い顔をあわせない環境でしたので、オンラインストレージやグループメールなどを活用して、お互いの進捗やコミュニケーションをとりながら進めていきました。グループワークも回数をこなすうちにみんな慣れてくるので、作業が円滑に進むようになっていくと思います。

  • 井上 尚久さん

まずは必要なスキルのみを選んで学び始める

将来的なMBA取得を目指して、最初から本科コースやGCMコースではなく、まずは自分に必要な分野を中心に自由に学びたいという方を対象にしたコースです。3単位の枠の中から、ご自身が取得したい科目を選んで受講することが可能です(英語科目を受講される場合は、英語スコアが規定の基準を超えている必要があります)。
※コース終了後、GCMコースのようにCertificateが認定されるということはございません。ご留意ください

MBA Challengeのメリット

1,MBAの授業を実体験してから、MBAコース入学の検討ができる

本科生と全く同じ環境で受講していただきます。グループワークやセミナー、勉強会など積極的にご参加いただき、受講を通じて、本科コースへの入学を準備を進めて下さい。

2,MBA Challengeで取得した単位は、そのままMBAコースに単位移行が可能

MBA Challengeで修了した科目は全て本科コースにて単位が認められます。当然受講料も学費総額から減免されますので、時間も受講料も無駄になりません。

更に詳しい情報を知りたい方はこちら

  • 説明会に参加する
  • 資料請求する

転職や昇進・昇格、希望部署への異動など、キャリアアップやキャリアチェンジのためにMBA取得を目指す方も多いのではないでしょうか。実際の受講生・修了生の1週間の学習スケジュールや体験談などのMODEL CASEをご紹介します。ご参考にされてください。

トップへ