海外出張等が多い中での受講をご検討の方へ

出張の移動時間を学びに有効活用

海外ビジネスパーソンのレベルの高さを痛感。
彼らと渡り合うために必要な「問題解決力」、そして「海外MBA(AACSB認証取得)」という武器を得るために学ぶ。

海外のマネジメント層と渡り合うために不可欠な知識は英語で、日本のビジネスパーソンの特色を踏まえた方がより実践的な知識は日本語で学ぶ。

出張で海外に赴いた際、現地のマネジメントクラスの方と交渉などを行うことがあるかと思います。そのような方は海外のビジネススクールを修了しているMBAホルダーであることが多いのではないでしょうか。彼らが現地での経験・実績や学びなどを武器にビジネスをしていることを考えると、彼らと対等以上に議論をしながらビジネスを展開するためには、彼らが武器としている経営知識や考え方などを理解して身につけておく必要があることは、想像に難くないでしょう。

ただ、もう一方で重要な視点が、「日本のビジネスパーソンとしての特性を踏まえてどのように世界と渡り合っていくか」ということ。日本のビジネスパーソンにはやはり日本のビジネスパーソンならではの強みや弱み、価値観などがあります。それを踏まえずに、世界標準の学びをそのまま学ぶことが、果たしてどれだけ実践力につながっていくのでしょうか。「日本のビジネスパーソンである」ということを踏まえた上で、いかに世界と渡り合うかを考え、学ぶことが本来必要なことなのではないでしょうか。

それを実現するために、本プログラムでは以下の取り組みをしています。


特色1日本のビジネスパーソンが世界と渡り合うための力を鍛えるカリキュラム

日本のビジネスパーソンが世界と渡り合うための力を鍛えるカリキュラム

Bond-BBTは「日本のビジネスパーソンが世界と渡り合っていくために必要な力を鍛え上げていく」ためのMBAプログラムです。
そのために、財務・会計、経済、リーダーシップなどの「世界の共通言語として知っておくべき分野」は英語で、経営戦略、マーケティング、組織人事など「日本のビジネスパーソンの特性を踏まえた上で学んだ方がより実践的な力が身に付く分野」は日本語で学びます。このような切り口でカリキュラムを設計しているのは、現時点では本プログラムのみです。


特色2世界と渡り合っていくために必要な「問題解決力」を鍛える特色ある学習方法

「多様性のあるチームで成果を上げる力」を鍛える実践的なグループワーク

Bond-BBT MBAでは、各種専門知識や考え方を学ぶことができるカリキュラムに加え、日本のビジネスパーソンが世界と渡り合っていくために必要な力を鍛え上げるための学習方法(トレーニング)がございます。
オンライン(講義受講、ディスカッション等)とオフライン(スタディツアー等)の良さをそれぞれ活かし、効率的・効果的な学びを実現することができる点が特徴。そしてトレーニングを通して、「個としての実力(経営に関する体系的な知識、論理思考力、ビジネス英語力など)」はもちろん、さらに実際のプロジェクトを想定したグループワークにほぼすべての科目を通して取り組むことで、「チームで結果を出すために必要な力(チームワーク、リーダーシップ、プロジェクトマネジメント力、ダイバーシティマネジメント能力など)」「新規事業立案力」を鍛えることができます。

本プログラムでは、このようないわば「総合力」を鍛え上げていくことが、“正解”がない時代に直面する課題に“最適解”を導き出し続ける「問題解決力」につながっていくのではないかと考えています。


飛行機や車内の移動時間、空港の待ち時間を有効活用することができるのも、オンラインMBAの大きな魅力。

「多様性のあるチームで成果を上げる力」を鍛える実践的なグループワーク

学びの中心となる講義受講はオンデマンド配信、ディスカッションはメッセージボードのような形式で行われますので、いつでもどこでも、時間的・物理的制約をできるかぎり少なくした上で学びを進めることが可能です。

ノートPCはもちろん、スマートフォンやタブレットでも講義受講やディスカッション参加は可能。

特にスマートフォンやタブレットでは、オンデマンド配信している映像講義をダウンロードし“講義”を持ち歩くことができます。そうすることで、インターネットをつなげることが困難な飛行機の中や車中などにいるときも、その時間を有効活用して学びを深めていただけます。

ディスカッションやグループワークなど、まとまった時間をかけて発言の根拠となる事実を収集しながら進めていく必要のある内容は、宿泊先のホテルや空港での待ち時間を利用して実施。移動中にディスカッションに投稿する内容やグループワークのアウトプットの骨子、ToDoなどを考えてまとめ、ホテル到着後にすぐにアウトプットを出せるようにしている方もいらっしゃいます。

時間を有効活用して実践的なマネジメントスキルを身につけることができるのは、オンラインMBAならではの特長です。


海外出張が多い中、どのようにして受講生の方々は学びに取り組んでいるのでしょうか?より具体的なイメージをお持ちいただくために、実際の受講生の方のある1週間をご紹介します。

「出張をしながら勉強時間を確保することはできるのか?」というご質問をよくいただきますが、出張の多い受講生・修了生の方々にお聞きすると、「移動時間が多いから思った以上に勉強時間を確保することができる。」「ひとりでいる時間も多いので、実は出張は勉強することとの相性が良い。」という声もよくお聞きします。出張が多い方にとって、オンラインでの学び、しかも時間的な制約が少ないオンデマンドがベースである学びはとても効果的・効率的なのです。

ある1週間の勉強時間

合計
5.5h 7h 7h 8h 7h 6h 10h 50.5h
平日のスケジュール
休日のスケジュール
凡例

沢 秀樹さん

2012年入学

沢 秀樹さん

業種

医療機器商社

職種

マーケティング

年代

30代

この週はどのような週でしたか?

国内出張が2日あり、かつ翌週から行くことになっている海外出張でのビジネスプランを作らなければならないといった週のスケジュールです。Bond-BBT MBAの授業としては、Managerial FinanceとMarketing Strategyを2科目受講しており、2ヶ月後のスタディツアーでのビジネスプランニングの発表に向けた最終レポートの追い上げも行っていました。

学習時間を確保するために工夫していることは何ですか?

日々の仕事を計画性をもって、優先順位をつけて、できる限り早くこなし、時間内に終わらせることに集中して行いました。仕事が終わった後に帰宅前にスターバックスに行き、勉強時間を確保しました。帰宅後、深夜2時頃まで学習するなどまとめて学習時間を確保しました。

時間確保で特に大変だったことは?それをどうクリアしましたか?

国内出張、海外出張が多かったので、時間の確保ができない状況もありましたが、移動時間の有効活用と隙間時間の積み上げを意識して行っていました。10分ずつでも集中して行うことで、考える癖が身に付き、アウトプットを生み出すことができるようになりました。

息抜きやご家族との団らんなど、プライベートの時間はどうされていましたか?

平日の息抜きとしては、週1回勉強しない日をできるだけ設け、学友とご飯に行ったりして、心身共にリフレッシュすることを心がけました。週末は、家族との時間をできる限りつくるように心がけましたが、課題が多い時は、週末の半分くらいの時間を勉強時間にあてていたと思います。

グループワークはどのように進めていますか?

できるかぎり毎回違う学友とグループワークを行うようにしました。初回は、Kick-offという名目で打ち合わせを兼ねた食事会、その後は、Skype, Google Hangoutなどで打ち合わせを繰り返しながら、レポートを仕上げていきました。グループワークの終了後は打ち上げで盛り上がり、親睦を深めることができ楽しかったです。

  • 石綿 圭さん

まずは必要なスキルのみを選んで学び始める

将来的なMBA取得を目指して、最初から本科コースやGCMコースではなく、まずは自分に必要な分野を中心に自由に学びたいという方を対象にしたコースです。3単位の枠の中から、ご自身が取得したい科目を選んで受講することが可能です(英語科目を受講される場合は、英語スコアが規定の基準を超えている必要があります)。
※コース終了後、GCMコースのようにCertificateが認定されるということはございません。ご留意ください

MBA Challengeのメリット

1,MBAの授業を実体験してから、MBAコース入学の検討ができる

本科生と全く同じ環境で受講していただきます。グループワークやセミナー、勉強会など積極的にご参加いただき、受講を通じて、本科コースへの入学を準備を進めて下さい。

2,MBA Challengeで取得した単位は、そのままMBAコースに単位移行が可能

MBA Challengeで修了した科目は全て本科コースにて単位が認められます。当然受講料も学費総額から減免されますので、時間も受講料も無駄になりません。

更に詳しい情報を知りたい方はこちら

  • 説明会に参加する
  • 資料請求する

海外出張が多い中でどのようにMBAプログラムを学ぶか?など、疑問をお持ちではないでしょうか。こちらでは、海外出張が多い受講生・修了生の1週間の学習スケジュールや体験談などのMODEL CASEをご紹介しております。ご検討の参考にされてください。

トップへ