日本国内と海外でのMBA取得方法の違い

広がるMBA取得の選択肢

MBA取得の代表的な方法

MBAの取得方法には、大きく下記の4つの方法があります。

1) 海外フルタイムMBA(留学):主に英語
2) 国内フルタイムMBA:主に日本語
3) 国内パートタイムMBA:主に日本語
4) 通信教育(オンライン)MBA:英語・日本語ともに

どちらの取得方法であったとしても修了時にMBAの学位を取得することができるのですが、取得方法によって、履修期間やコスト、使用する言語やキャリア中断の有無などに違いがあります。

例えば、通常、米国スクールは2年制が多く、イギリス・オーストラリアなどでは1年制のスクールが主流です。海外留学は実践で使える英語力の育成や国際的な人脈形成において非常に有効な一方、留学費用や仕事上のブランク(キャリアの中断)がマイナスになることも考えられます。

日本国内の社会人を対象にした通学形式のMBA(パートタイム)では、平日夜や週末を利用して授業が行われます。忙しい社会人でもMBAプログラムでの学びを得ることができる工夫がされており、実際に多くの社会人が学んでいます。また、日本語のみでなく英語で受講することができるMBAのプログラムも増えてきました。ただ、授業の日時や場所が固定されているため、就業時間が不定期な方や出張が多い方、急な顧客対応などが頻繁に発生する方などは入学前に慎重な検討が不可欠となります。

ハードルの高い「海外MBA留学」

前述の通り、海外留学による英語でのMBA取得は得られる大きなメリットがありますが、費用などのハードルの高さもあります。必要な費用は、取得方法・スクールによってかなりの差があり、海外MBAを目指す方の大きなボトルネックになっています。キャリアを中断するため、自費で留学する場合は収入が在学中はなくなることも多く、資金計画が非常に重要になってきます。

◇海外MBA留学 : 平均2000万円~(学費+生活費/2年間)
例:ハーバード大学 総額 約3000万円
◇国内通学型MBA: 平均200~450万円(学費のみ/2年制の場合)
◇遠隔プログラムMBA: 平均250~400万円(2年制の場合)

また、通常、海外ビジネススクールへの応募には、下記5点の準備が必要になります。そのために要する時間も、費用も、パワーもかかることをしっかり検討する必要があります。

1) 願書(英文エッセイを含む)
2) 推薦状
3) GMATのスコア
4) TOEFLのスコア
5) 最終学歴に応じた職歴(通常大学卒で2年以上の実務経験)

こうした準備期間には、一般的に1〜2年程度かかります。

海外留学する場合のステップ例

STEP1 2年前~

MBA取得について熟考

  • 志望校決定→パンフレット・資料取り寄せ
  • サポート機関からのアドバイス
  • 受講形態(フルタイム・パートタイム・遠隔教育など)
  • 費用
  • 入学要件
  • スクールのカルチャー・雰囲気(学生層・規模・講師陣など)
  • 受講生・修了生・講師からのアドバイス収集など

STEP2 2年前~

GMAT・TOEFL受験準備

  • 難易度が高い試験のため早めに勉強を開始

STEP3 1年前~

GMAT・TOEFLをパス

  • 1年前には志望校が課すラインをパス

STEP4 1年前~

志望校を決定する

  • 日本の大学受験と違い、1〜2校に絞る

STEP5 1年前~

必要書類を準備・提出

  • 通常は、TOEFL/GMATスコア・推薦状・成績証明書・英文エッセイの4点

STEP6 9ヶ月前~

合格

  • 通常書類提出より合格までは3ヶ月程度かかる

STEP7 半年前

渡航

  • 英語準備コースに入る場合、半年程度前に大学に入る

前述の通り、最近は日本国内にいながら英語でMBAの学びを得ることができるプログラムも増えてきています。グローバル化が進む中、英語でビジネスができることはもはや必須スキルです。特にオンラインの海外MBAプログラムは時間的・物理的な制約が少ないということもあり、多忙な中でもビジネスを学びながら英語力を鍛えたいと考える社会人が多く学ばれています。ただ、入学時点に一定以上の英語力を求められますので、オンラインによる海外MBA取得をお考えの場合は、TOEICなどの必要スコア達成のために早めに英語の勉強を始め、準備を進められることをお勧めします。

  

現在は、1科目からスモールスタートすることができる単科コースを設けているMBAプログラムもございます。Bond-BBT MBAでも【MBA Challengeコース】という単科コースがございます。また、本科(MBA)コースの基礎科目6科目のみを集中して学ぶことができる【GCMコース】というCertificateのコースもございます。本科コース入学後に単位移行および取得単位分の学費減免もできますので、将来的なMBA取得を見据え、まずはこのようなコースから学びをスタートするというのもひとつの方法です。オンラインでの海外MBAの学びをぜひ体感ください。

どちらのMBA取得方法にも一長一短があります。ご自身のキャリアプランやライフスタイル、現実的なお仕事の状況などを踏まえ、どの形態のMBAプログラムを学ぶかを検討する必要があります。MBA取得はご自身にとって大きな自己投資。ぜひじっくりご検討ください。

Bond-BBT MBAは、仕事を続けたまま日本国内にいながら海外MBAを取得することができる遠隔教育プログラムです。

世界と渡り合っていくためにも海外MBAプログラムで英語力も鍛えたいと考える社会人の方も多いでしょう。ただ、費用面でも準備面でもハードルの高い海外MBAは、日本人にとってこれまで非現実的なものでした。 しかし、インターネット技術の発展により、オンラインで双方向型の教育を日本国内で受けることが出来る「遠隔教育」が確立され、ビジネス・ブレークスルーにより「今の仕事を続けたまま日本国内外で海外MBAを取得」することを可能にしたBond-BBT MBAが開発されました。 日本のビジネスパーソンを対象にしたMBAプログラムでは日本初です。

では、Bond-BBT MBAプログラムと他のオンラインで受講可能な海外MBAプログラムにはどのような違いがあるのでしょうか?簡潔に5つ、特徴を挙げるとしたら以下の通りです。

<Bond-BBT MBAの特徴>
【特徴1】日本のビジネスパーソンが世界と渡り合うための力を鍛えるカリキュラム
【特徴2】そのために必要な特色ある学習方法
【特徴3】長年蓄積されてきたオンラインMBAプログラム運営の実績とノウハウ
【特徴4】1,200名を超える日本最大級のネットワーク
【特徴5】ビジネススクールの国際認証AACSB認証取得

特徴の詳細は【こちら】をご確認ください。また、こちら以外にも特色ある学習方法を通して、世界と渡り合う上で必要な実践力を育成しています。詳細はぜひ【説明会】でお聞きください。

今では、グローバル化も進むなかでますます英語で学ぶMBAへのニーズは高まり、英語で学べる、日本国内で受けられるトップレベルのMBAプログラムを求めて多くのビジネスリーダーたちがBond-BBT MBAを選んでいます。

MBA取得の方法にはどのようなものがあるのでしょうか?日本国内MBA、海外MBA、オンラインMBAなど、考えられる取得方法についてご紹介をいたします。MBA取得をご検討中の方はぜひご覧ください。

トップへ