About Bond-BBT MBA ボンド大学のご紹介

世界的にも高い教育レベルの名門大学

ボンド大学について

ボンド大学は、オーストラリアのクィーンズランド州に位置し、ビジネススクール、ロースクール、メディカルスクールなどを有する私立総合大学です。
グローバル化・多様化するビジネス環境で活躍することができるビジネスパーソンを育成してほしいという産業界からの要望に応えるために、1989年にオーストラリア初の私立大学として創設されて以来、トップレベルの質の高い教育を提供しています。

学びの幅が非常に広く、会計学、ビジネス、コミュニケーション、コンピューターサイエンス、経済学、フィルム・シネマ研究、金融、国際関係、ジャーナリズム、言語学、マーケティング、医学, 心理学、スポーツサイエンス、TESOL(英語教授法)、哲学、アジア学、情報処理、ソフトウェア開発、アジア学など、多岐に渡る専攻学科を設置しています。



オーストラリアで最高格付の大学

ボンド大学は、The Graduate Careers Council of Australia によって 授業の質の高さと卒業生の満足度で常に上位にランクされています。また、現地で最も権威のある大学ガイド誌「The Good Universities Guide 2013」 (Hubson出版)の主要項目において、最高評価の5Starsを獲得。総合評価でも2008年から連続No.1を維持している最高クラスの大学です。

また、Australian Financial Review紙による 2013 BOSS Survey(オーストラリアで唯一の独自MBAランキング)において、学生満足度No.1獲得しています。

ビジネススクールについて

ボンド大学のビジネススクールでは、特にアントレプレナーシップ、ビジネスプラン(新規事業戦略立案)教育、そして財務教育に力を入れています。
新規事業戦略立案の教育においては、アメリカのテキサス大学オースティン校主催で毎年行なわれる 欧米大学院対抗ビジネスプラン・コンテスト「Moot Corp」にて、1994、1996、2000年と複数回入賞している唯一の大学です。

MBAプログラムは、豪州政府の文部科学省にあたるMCEETYA、GMAA(The Graduate Management Association of Australia)より認定されており、Bond-BBT MBAプログラムによって日本から受講した場合も、本校学生と全く同じ正式な学位が授与されます。(*発行される学位は現地と同じボンド大学発行のMBA/修士号です。)

また、2013年12月に米国の大学向けのマネジメント教育に関する第三者評価機関AACSB (Association to Advance Collegiate Schools of Business)より認証を取得いたしました。

※AACSBについて、日本の大学では慶応義塾大学・名古屋商科大学が承認されています。

Bond-BBT MBAを運営する1つの教育機関、ボンド大学は、教育の国際化・多様化の要請に応えるために1989年に創設されたオーストラリア初の私立大学。全豪大学ランキングで総合1位を獲得している実力校です。

トップへ