ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧

BBT番組紹介
【ANJO SPECIAL 会計から見たビジネス】
<講座の目的>

【カリキュラム】
番組内容放送日時
関連資料
[要ID&Pass]
【第1回】 ANJO SPECIAL 会計から見たビジネス01

 [テーマ]会計はこんなにおもしろい!
 [講 師]安生 浩太郎 

「会計」は高度成長下ではほとんど注目されることはありませんでした。それどころか、むしろ「堅い」「暗い」「ダサい」といったイメージさえありました。しかし、会計基準の国際化といった潮流の中で、もはや「会計」抜きでビジネスは語れない時代になっています。会計は単なる経理・帳簿つけではありません。経営そのものに大きな影響を与え、ビジネスパーソンにとって必須スキルである「会計」の面白さを探ります。

【第2回】 ANJO SPECIAL 会計から見たビジネス02

 [テーマ]会計基準のグローバル化と変わる日本的経営
 [講 師]安生 浩太郎 

なぜ、今、国際会計基準(IAS)が注目されているのでしょうか。これまでの日本の会計基準と国際会計基準の相違を検証します。また、会計基準のグローバル化で今後、企業経営はどのように変化していくのでしょうか。番組を通じて、これまでの日本的経営の問題点を浮き彫りにします。

【第3回】 ANJO SPECIAL 会計から見たビジネス03

 [テーマ]企業情報開示のための会計
 [講 師]安生 浩太郎 

これまで間接金融に依存していた企業の資金調達ですが、今後は直接金融の重要性が増していきます。直接金融では、いかに投資家に企業の内容をわかりやすく説明できるかが鍵となります。株主重視の経営とIR(インベスターズ・リレーションシップ)について、会計の観点から考えます。

【第4回】 ANJO SPECIAL 会計から見たビジネス04

 [テーマ]個人資産運用のための会計
 [講 師]安生 浩太郎 

会計は企業経営に必要なだけではありません。個人の資産運用のためにも大変重要です。今後は、企業年金401kが導入されるなど、個人は自己責任の下で投資していかなければなりません。資産運用のためには個人も会計を読み解く力が求められます。自己責任の時代における情報を読み解くための会計を考えます。

【第5回】 ANJO SPECIAL 会計から見たビジネス05

 [テーマ]リストラされないための必須スキル・会計
 [講 師]安生 浩太郎 

企業では、2000年度から時価会計が導入されます。あわせて、人の評価も時価評価の時代となるでしょう。学歴や過去に取得した資格ではなく、「今、あなたは何ができるのか」が問われる時代です。会計スキルを武器にするのも1つの選択肢となるでしょう。会計について、ビジネスでの活用と将来への可能性を考えます。

【第6回】 ANJO SPECIAL 会計から見たビジネス06

 [テーマ]起業・マネジメントと会計
 [講 師]安生 浩太郎 

会計スキルは、マネジメントをする上でも非常に重要です。自らが、起業家であり、経営者である安生浩太郎氏が、これまでの経験を踏まえてマネジメントにおける会計の重要性を語ります。

【第7回】 ANJO SPECIAL 会計から見たビジネス07

 [テーマ]キャリアアップのための会計≪インタビュー編≫
 [講 師]安生 浩太郎 

会計スキルを身に付けたら、どのようなキャリアプランが描けるでしょうか。既にキャリアアップを図っている3人のビジネスパーソンへのインタビューを通じて、会計スキルの可能性を考えます。

【第8回】 ANJO SPECIAL 会計から見たビジネス08

 [テーマ]今、企業に求められる人材像≪対談編≫
ゲスト:炭谷 俊樹 氏(大前・アンド・アソシエーツ)

 [講 師]安生 浩太郎 

変革期に求められる自立型のプロフェッショナル人材とはどの様なものでしょうか。人材開発コンサルタントと安生浩太郎氏の対談形式により、企業に求められる人材像を探ります。

【第9回】 ANJO SPECIAL 会計から見たビジネス09

 [テーマ]経営者・安生浩太郎 1 これまでとこれから
 [講 師]安生 浩太郎 

経営者としての安生浩太郎氏がこれまでのビジネス経営で会計スキルをいかに活用してきたか、今後どのような展望を描いているかを語ります。

【第10回】 ANJO SPECIAL 会計から見たビジネス10

 [テーマ]経営者・安生浩太郎 2 ビジネス成功の秘訣
 [講 師]安生 浩太郎 

安生浩太郎氏がビジネス成功の秘訣をメッセージとしてお送りします。


Copyright(c) BUSINESS BREAKTHROUGH