受講生の声

ボンド大学大学院ビジネススクールBBT受講 
PROFILE
  ニホンモニター株式会社    マーケティング
代表取締役社長
  別の視点から仕事を捉えることができるようになった!

受講のきっかけ

創業者である父親の後継者として重責を担うことになりましたが、いざ社長として自分が意思決定をする立場になると、会社経営の難しさを改めて知ることになりました。経営全般について体系的に学ぶ必要性を切実に感じ、さまざまな社会人大学やビジネススクールを検討し、最終的にBOND-BBT MBAに入学しました。このプログラムを選んだ最大の理由は、通学せずに高度な経営学を学べる点です。講義はネット配信で、休日やちょっとした仕事の合間に受講できます。また、授業のテーマについて同期生とディスカッションしたり、共同でレポートをまとめる際も、掲示板などのネット環境をフルに活用し、時間にしばられずにコミュニケーションをとれるシステムが整っている点が決め手でした。

受講の成果/得られた事

同期生はメーカーや商社、食品関係、通信関係など業種や仕事内容はさまざまで、海外から受講している人もいます。共通しているのは仕事に対するモチベーションがとても高いことですね。価値観によっていかにテーマの捉え方が異なるか、各業界が抱える課題をクラスメイトから学ぶことも多く、大いに刺激を受けています。例えば、我が社では、企業活動がテレビでどのように報道されたかを調査・報告する仕事も多いのですが、実際に各業界に携わる人の話を聞くと、別の視点から仕事を捉えることができるようになります。これは、これまでのようにビジネス書で黙々と独学するだけでは得られなかった成果です。

プログラムのお薦めポイント

POINT.1
グループワーク:さまざまな業種や立場のクラスメイトと、意見を交わしながら学ぶことができます。
POINT.2
スタディツアー:現地ならではの貴重な経験を積むことができました。
POINT.3
人脈:同期生には、起業をめざしている人も多く、企業の役職者や私のような二代目社長もいて、目的や学び方は人それぞれです。
関連講座・プログラムのご紹介

BOND−BBT MBAプログラム(BOND大MBA取得)
オーストラリアの名門ボンド大学とBBTが提携して、社会人向けに提供している遠隔学習の海外MBAプログラムです。

BBT大学院 経営管理修士(MBA)課程
日本初の遠隔教育システムによる文部科学省認可の経営大学院(MBA)です。

大前研一について
キーワードで知るBBT
受講生の声